ビジネスフォンの普及

スマートフォンの普及の影響

ビジネスフォンは企業における連絡先としての重要性に加え、通信費用の一元管理や社内の連絡の容易さの確保などの様々な面で貢献をしているシステムです。そのため、ほぼあらゆる企業においてビジネスフォンが購入やリースによって導入されて活用されてきています。 しかし、携帯電話やPHSの普及、続いてスマートフォンやタブレット端末の普及によってその必要性が低下する傾向にあります。リースによりビジネスフォンを導入すると月額が高いとは言われるものの、スマートフォンを個人に支給するよりは安価であるのが一般的です。しかし、それ以上の便利さがスマートフォンに見いだされてきているため、その導入が進んでいます。今後はこの2つの通信手段が企業の基軸となっていくでしょう。

スマートフォン時代でも必要なビジネスフォン

スマートフォンが広まったとはいえ、ビジネスフォンの需要が駆逐されることはないということには注意が必要です。個人が連絡先としてスマートフォンを持つようになり、それで日常的な連絡に十分な機能を果たすようになっています。しかし、一般の人が企業に対して連絡をとりたいというときには個人の連絡先ではなく、企業としての連絡先が必要になります。それをもスマートフォンで対応すると費用が嵩むことになってしまうため、固定電話で済ませられるところはビジネスフォンを利用した方がコストの削減になるのです。 しかし、企業としてビジネスフォンの必要台数が減る傾向が生まれ、リースよりも購入を選べる企業が増えていく可能性はあります。それに対抗するようにリースの低価格化も進行すると予想されます。